Wi-Fiを使ってスマホの通信量を節約する!

もう煩わしいLANケーブルとサヨナラ!

 自宅やオフィスなどのLAN環境をWi-Fi化するメリットは、なんと言っても端末の設置場所を気にせず使えることです。

ケーブルの長さや取り回しなどに悩むことが多かった有線LANに対し、Wi-Fiならルーターさえ設置すれば、電波の届く範囲であればどこにでも自由に機器を接続することができます。スマホやタブレットのような端末なら移動しながら利用することもできるのも大きな利点と言えます。

 Wi-Fiは、設定が難しいというイメージが強いですが、最近のルーターは初期設定がとても簡単。初めて設置するユーザーでも戸惑うことなく、驚くほど簡単にWi-Fi環境を築くことが可能です。

接続方法も簡単で、スマホやタブレットから使用するルーターを選んで、パスワードを入力するだけでOKです。さらに最新の製品では、本体に設置されたボタンを押すだけで接続が完了するといったものまで登場しています。

 また、パソコンや周辺機器、スマホ以外にもWi-Fi対応の家電製品はどんどん増えています。パソコン内の動画や音楽をテレビやオーディオ機器で再生したり、外出先から証明やエアコンを操作したりといった場合に”できること”の幅が大きく広がっています。

関連工事不要!自宅に置くだけ!高速Wi-Fiが使い放題!!

 

屋外でWi-Fiルーターを使うなら”モバイルルーター”

 LANネットワークを無線化するWi-Fiルーターには、大きく分けて「設置型」「モバイル型」の2種類が存在します。

 前者の設置型は、自宅やオフィスなどのインターネット回線をそのまま無線で飛ばすためのルーター。後者のモバイル型のルーターは、携帯電話のSIMを差し込んでデータ通信を行いながらWi-Fiを飛ばす仕組みを持っています。

 設置型は、光通信やケーブルテレビなどの固定回線をWi-Fi化するため、固定料金でインターネットに接続できるのに対し、モバイル型は携帯電話の通信網を利用するため、電波の届く場所ならどこでも利用できるメリットがあります。

しかし、契約している通信量を超えると速度が著しく低下してしまう点に注意が必要です。

関連額980円~選べるプラン!期間縛り・解約金無しのレンタルルーター

 

Wi-Fiがあればネットし放題!

 スマホを使ってネットを楽しんでいたら、いつの間にか契約している通信容量を使い切ってしまった・・・。という経験をした事は決して少なくないと思います。

でもWi-Fiならそんな心配も一切不要です。自宅やオフィスに設置されたWi-Fiに接続すれば、携帯電話キャリアで契約している通信容量にはカウントされず、使い放題になります。

カフェや公共施設などに設置された公衆無線LANサービスも同様で、スポットごとに決められた手順に従って接続すれば、通信容量を気にすることなくネットショッピングやSNSの投稿、通信を伴うゲームなどを行うことが可能。

特に大容量のアプリや動画、音楽をダウンロードする場合は、通信容量が大きくなるためWi-Fiに接続してから行うことを心掛けましょう。

関連進化したHybrid 4G LTE対応で超高速通信!!データ無制限でテレビもインターネット接続も快適!

 

この記事も読まれています