(iOS11.2.6)iPhone6sの低電力モードをオンにする

iOS11

設定イメージ

(iOS11.2.6)低電力モードをオンにする

 

端末情報

機種名:iPhone6s(softbank)
iOSバージョン:11.2.6
接続方法:Wi-Fi

 

操作手順

1.「設定」をタップする。

1.「設定」をタップする。

 

2.「バッテリー」をタップする。

2.「バッテリー」をタップする。

 

3.「低電力モード」をタップする。
※”低電力モード”では、iPhoneを完全に充電できるまで電力消費が一時的に抑えられます。これをオンにすると、メールの取得、Appのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、および一部のビジュアルエフェクトが削減されるか、オフになります。

3.「低電力モード」をタップする。 ※"低電力モード"では、iPhoneを完全に充電できるまで電力消費が一時的に抑えられます。これをオンにすると、メールの取得、Appのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、および一部のビジュアルエフェクトが削減されるか、オフになります。

 

4.『低電力モード/メールの取得、Appのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、および一部のビジュアルエフェクトは、”低電力モード”では低減されるか無効になります。』と表示される為、「続ける」をタップする。

4.『低電力モード/メールの取得、Appのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、および一部のビジュアルエフェクトは、"低電力モード"では低減されるか無効になります。』と表示される為、「続ける」をタップする。

 

5.低電力モードのボタンが緑色になったら設定完了。
※低電力モード中は右上の電池残量のアイコンが黄色になる。

5.低電力モードのボタンが緑色になったら設定完了。 ※低電力モード中は右上の電池残量のアイコンが黄色になる。

 

iPhoneで低電力モードを使ってバッテリーを長持ちさせる

この記事も読まれています