最強の食物繊維「スーパー大麦」が『がん・肥満・糖尿病』を予防する!

最強の食物繊維「スーパー大麦」が『がん・肥満・糖尿病』を改善する!
がんや肥満、糖尿病などあらゆる病気との関係が次々と明らかにされ、世界中でホットな話題となっている「腸内細菌」。その腸内細菌のエサとなり、腸を活性化してくれるのが食物繊維です。なかでも最近、「スーパー大麦」に注目が集まっています。

 「腸内フローラ」という言葉を耳にすることが増えました。フローラとはお花畑のこと。人間のお腹の中にいる腸内細菌を顕微鏡で見ると、細菌群が群生する草花に似ていることから、「腸内フローラ(腸内細菌そう)」と呼ばれます。

 腸内細菌は腸内におよそ1,000種類100兆個もすんでいるとされ、約37兆個のヒトの細胞をはるかに上回り、重さにすると約1~1.5キロもあります。「実質的な臓器」とも「お腹の中の小宇宙」とも言われます。

 消化器系の病気に限らず、認知症やうつなどあらゆる病気に腸内細菌が関係していることが世界中の研究で続々と解明されていることから、腸内細菌そうを入れ替えれば体質や精神状態も良くなるのではないか、という発想が生まれ、健康な人の便を病気の人に注入する「便移植(便微生物移植)」の治療も広がってきました。

 他にも、トップアスリートの腸内細菌を調べると、普通の人より細菌数が1.2~1.5倍ほど多く、運動のパフォーマンスも腸内フローラの状態で変わってくることがわかってきています。

 

カギは『短鎖脂肪酸』!腸の奥まで食物繊維を届ける!!

 とてつもないパワーを持つ腸内細菌。元気に育てて全身の健康を保ちたい。そのためにカギとなる成分が今話題の鎖脂肪酸」です。短鎖脂肪酸とは何でしょうか。

 大腸で吸収される短鎖脂肪酸は、大部分が腸内フローラから作り出されます。短鎖脂肪酸を作り出すための材料は食物繊維です。食物繊維を食べた腸内細菌が短鎖脂肪酸を産生するのです。

 短鎖脂肪酸の代表的なものに「酪酸」「酢酸」「プロピオン酸」があります。

 酢酸は腸管バリアといって、腸からの有害な物質の吸収を妨げてくれ、酪酸は脂肪の蓄積を抑えたり血糖値の上昇を抑えてくれます。さらに、短鎖脂肪酸は腸内を有用菌が好む弱酸性にしてくれる重要な役割を果たします。

 大腸がんや大腸炎など、大腸の疾患の約7割は、大腸の奥、つまり出口に近いところで発していて、大腸の奥の短鎖脂肪酸の濃度が低くなると腸の病気が発生しやすい、とされています。

 食物繊維は大腸を通過する間に腸内細菌のエサになるのですが、大腸の下部、つまり腸の奥に届く前に吸収されたり、食べ尽くされたりしてエサが不足してしまい、栄養素が”プア”な状態になるため、有害菌が好む中性付近になりやすく、大腸がんなどのリスクが高まるとされています。

 

『スーパー大麦』なら消化酵素による分解を受けずに大腸の「奥」まで届く!

 腸にいいと思ってさまざまな食品成分を食べても、大腸の奥にエサが届いて有用菌に利用されなければ短鎖脂肪酸は作られません。大腸で短鎖脂肪酸をどんどん産生してもらうために、今、注目されているのが「スーパー大麦」です。どんな大麦なのか。

 オーストラリアで、食事で健康維持することはできないか、ということで開発された品種です。大麦や玄米、白米など他の穀物に比べて総食物繊維の含有量が多いこと、なかでも腸内細菌のエサとなる水溶性食物繊維が豊富なことが特徴です。

 日本食品分析センターの測定データによると、押し麦など大麦の総食物繊維は9.6%ですが、スーパー大麦は21.6%でした。

 食物繊維は、不溶性と水溶性の二つのタイプに大別されます。不溶性食物繊維は便のカサを増やし、腸のぜんどう運動を促進して便通をよくします。水溶性のものは、腸内細菌のエサとなって腸内で発酵され、短鎖脂肪酸を作ってくれます。

 スーパー大麦は、3種類の食物繊維が豊富に含まれています。「フルクタン」「β-グルカン」といった水溶性食物繊維と、第3の食物繊維といわれる水溶性と不溶性の両方の働きをもつ「レジスタントスターチ」です。

 三つの食物繊維は発酵スピード、すなわち腸内細菌に発酵される部位が異なるため、3段階で腸に働きかけてくれるメリットがあります。

 フルクタンは大腸の入り口付近で、β-グルカンは少し奥のほうで、レジスタントスターチはさらに発酵速度が遅いため、消化酵素による分解を受けずに大腸の奥まで届いてトータルで大腸全体の環境を整えてくれます。

 

短鎖脂肪酸が増えると食後血糖値の上昇を抑えることができる

 スーパー大麦を食べると、腸内フローラにどんな影響が表れるのか。

 ある臨床試験では、腸内では酪酸やプロピオン酸などの短鎖脂肪酸が増え、食後血糖値の上昇を抑えることなどが確認されています。さらに継続して摂取すると、バクテロイデーテス門のバクテロイデス属の細菌が増えることが確認されました。

 バクテロイデス属はもともと腸内に存在している細菌で、腸内で短鎖脂肪酸を作り出し、それが体内に入ることで脂肪細胞への脂肪の蓄積を防いで、肥満防止に役立ちます。逆に肥満を増長させるファーミキューテス門に属する細菌は減少します。

 スーパー大麦を継続して食べると、腸内フローラを介して肥満しにくい体質に変えることが可能ではないでしょうか。

この記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です