「仮想通貨」と「電子マネー」は何が違うの?

仮想通貨ニュース

「仮想通貨」と「電子マネー」の違い

 Suica、T-POINTなどの電子マネーは、利用者が保有する日本円などの現金をチャージしたり、もしくはクレジットカードでのオートチャージを設定することで、紙幣や硬貨を使わずにカードやスマホなどで支払うことができる電子のお金です。

 たとえば、電子マネーの運営会社(Suicaの場合は、JR東日本)が管理します。一方、仮想通貨は日本円を米ドルやユーロに換金するときと同じように、交換(購入)して手に入れます。米ドル/日本円のレートが変動するのと同じように、ビットコイン/日本円のレートも変動します。

 まだまだ使えるところは少ないですが、財布に相当するウォレットに入れておけば、チャージをしなくてもビットコインで直接、買い物ができるのです。

 仮想通貨はインターネット上の台帳で管理されており、管理者は存在しません。また、電子マネーは他人に譲渡することはできませんが、仮想通貨は、日本円と同様に支払い時に受け取った人が、別の人との支払いに使ったり、送金できるので、この点でも異なります。

この記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です